「屍人荘の殺人」 原作小説の登場人物・あらすじを解説!犯人は!? ※結末ネタバレ注意 | LI techno  

「屍人荘の殺人」 原作小説の登場人物・あらすじを解説!犯人は!? ※結末ネタバレ注意


2019年12月13日公開予定の映画「屍人荘の殺人」、その原作小説のあらすじや結末をわかりやすく解説していきたいと思います!

難解ミステリー×ホラー!?空前絶後のゾンビミステリー!!

映画化されるということで今大注目の「屍人荘の殺人」、こんな人にオススメです!

ホラー、ゾンビものが好きな人

難解かつ複雑なミステリーが好きな人

この作品では、冒頭で夏休みのペンションに閉じ込められる、というベタな展開が使われていながら、なかなか飽きさせないハラハラする展開になっています。ミステリーの基本がたくさん詰まっていますので、ミステリーを普段読まない、という人にも是非読んでほしい作品ですね!

この作品に似たオススメ作品

ゾンビ×ミステリー、実は他にも存在するんです。

「わざわざゾンビを殺す人間なんていない。」小林泰三

ゾンビを使ったトラックという点で似ており、ホラー要素もあるのでオススメです!こちらもネタバレ厳禁の大どんでん返しがありますので、最後まで飽きずに読めます。しかし、グロテスクな場面も少なからずありますので、その点はお気をつけください。

登場人物・用語

葉村 譲(はむらゆずる)

神紅(しんこう)大学1年生。
ミステリ愛好会会員であり、明智恭介の助手的役割を果たしている。
明智に誘われ映画研究部の合宿に参加することになる。

明智 恭介(あけちきょうすけ)

神紅大学3年生。
ミステリ愛好会会長。(ミステリ愛好会の会員は2人のみ)
「神紅のホームズ」と呼ばれている。
映画研究部の合宿に無理やり参加する。

剣崎 比留子(けんざきひるこ)

神紅大学2年生。
明智と葉村を映画研究会の合宿に参加する手助けをしてくれた。
警察も関係する重大な事件をいくつも解決している天才探偵美少女。

進藤 歩(しんどうあゆむ)

神紅大学3年生。
映画研究部部長。
星川の恋人。

星川 麗香(ほしかわれいか)

映画研究部3年。
進藤の恋人。

静原 美冬(しずはらみふゆ)

映画研究部部員。
大人しく、優しい性格。

映画研究部のOBたち

七宮兼光(ななみやかねみつ)・・・紫湛荘のオーナーの息子
出目飛雄(でめとびお)・・・七宮の友人
立浪波流也(たちなみはるや)・・・七宮の友人

紫湛荘(しじんそう)

映画研究部の合宿に使われたペンション。
菅野唯人(かんのゆいと)が管理している。

今村昌弘原作「屍人荘の殺人」あらすじ

神紅大学のミステリ愛好会の明智恭介葉村譲は、謎の美少女・剣崎比留子に映画研究部の合宿に誘われます。
剣崎いわく、映画研究部に、「今年の生贄は誰だ」という一通の脅迫状が届き、去年の合宿後には女子生徒が一人自殺するという事件も起きていたそう。
事件の匂いを感じた明智と葉村は、映研の合宿に参加することにします。
小さな問題はあれど、つつがなく進んでるように思えた合宿でしたが、1日目の夜に事件が起こります。

合宿参加者で肝試しをしている途中、なんと大量のゾンビが一同に襲い掛かってきます
明智や出目がゾンビの犠牲になり、心神喪失する葉村たち。しかし、ゾンビは待ってくれません。(メインキャラクタ―に思われた明智さんですが、早くもここで退場します)
周りをゾンビに囲まれ、なんとか紫湛荘に立てこもる一同ですが、電話も通じず、外界との連絡手段もありません。一同は、ゾンビが侵入できないようエレベーターや非常口を封鎖し、2階、3階に立てこもり、一晩夜を明かします。

何事もなく一晩過ごせたかのように思えた一同でしたが、その日から凄惨な殺人事件の幕が上がります。

一人目の犠牲者・進藤 歩

一同が目覚めると、映画研究部の部長・進藤歩が密室の自室で、体中をゾンビにかまれて死んでいるのを発見します。
しかし、進藤の部屋にはゾンビは存在せず、「いただきます」「ごちそうさま」という紙が部屋の中と外に置かれているのみでした。
ゾンビには知性は存在しないので、これは確実に人間の仕業です。
人間とゾンビの手口が融合したような犯行現場に、さしもの剣崎も困惑します。

二人目の犠牲者・立浪 波流也

進藤が殺されたことに慄いていた一同ですが、なんと二人目の犠牲者が出ます。
殺されたのは映画研究会OB・立浪波流也で、エレベーター内で血まみれになって倒れていました。立浪の遺体は、体中をゾンビに夥しく噛まれ、挙句に頭部を何らかの鈍器で破壊されており、非常に不可解な殺され方をしていました。

犯人の手口は以下の通りだと剣崎は推測します。
立浪を睡眠薬で眠らせてエレベーター(2階)にのせ、ゾンビがひしめいている1階に彼を送り込みます。1階に着くとエレベーターが開き、立浪はゾンビに食い殺されます。そして、もう一度立浪を2階に戻すため2階にエレベーターを呼び出し、ゾンビに殺された彼の頭を鈍器で破壊します。

この犯行には不可解な点がいくつかありました。ゾンビをエレベーター内に乗せずに、どうやって立浪だけを2階に戻したのか。どうしてゾンビに殺された立浪を放っておかずに、2階に戻し、頭部を破壊したのか

三人目の犠牲者・七宮 兼光

立波が殺され、次は自分が殺されると怯えた紫湛荘オーナーの息子・七宮兼光は、自室に立てこもります。

その甲斐も虚しく、七宮は自室で死亡した状態で発見されます。彼は、立てこもってから一度も外に出ていません。また、非常に神経質な性格で、自分の食料や飲み物にも大変気を使っていたため毒殺された可能性もほとんどありません。

彼の自室に入るタイミングがあったのは、2階南エリアがゾンビに破られた際、2階に取り残された剣崎を助けるため、3階の七宮の部屋から剣崎の部屋へロープを下ろした時のみです

そのほか気になるところは、七宮はコンタクトレンズによる頭痛がひどく、常に目薬をさしていたという点。

3つの難事件を前に、剣崎比留子と葉村譲は生還できるのでしょうか?

 

3つの事件のトリック・ネタバレ

進藤歩殺しのトリック

剣崎は、進藤の部屋にあったバッグを葉村に撮影させました。そこには、あるはずのないものが存在していました。
それは、進藤の恋人、星川麗華の靴です。

もう一つ、進藤の部屋には不思議な点がありました。進藤の布団の裏に、少量のかすれた血が付いていたのです。
進藤が殺されたときとは違う面で、なおかつ進藤の血がしみ込んだものでもありません。けがをした人が、ベッドに横たわり、その上から布団をかけたと考えられます。

星川麗華は、一同がゾンビに襲われた時に既に行方不明で、死亡したと誰もが考えていました。しかし、実はその時点で生きており、進藤は、ゾンビに噛み付かれた恋人を見捨てることができず、こっそりと星川を自室にかくまい看病していたのです。

しかし、看病の甲斐虚しくゾンビになってしまった星川に、進藤は食い殺されます。

立浪波流也殺しのトリック

剣崎は、2階にある1メートルほどの銅像の足元に、血が付着しているのを発見しました。銅像は、1体40キロほどはあるかと思われるほど重く、しかも9体もありました。

立浪の犯人は、この銅像を利用したのです。

エレベーターに、立浪と、ぎりぎり重量オーバーにならないくらいに銅像を乗せ、1階に下ろします。エレベーターが一階に着きゾンビが乗り込んでも、重量オーバーで2階に上がってこないようにするためです。
立浪がゾンビに噛み殺され、ゾンビがエレベーター内から退出すると、重量オーバーではなくなり、2階に戻ってくるという仕組みです。

七宮兼光殺しのトリック

七宮は、コンタクトが合わずしきりに目薬を差していました。
その目薬は、合宿に来ているとある人物と同じ目薬だったのです。

犯人は、2階の南エリアが破られた際、どさくさに紛れて七宮の目薬をゾンビの血を混ぜた自分の目薬と交換していたのです。
その目薬を差し続けた七宮はゾンビウイルスに感染し、外傷はないものの死ぬことになりました。

この事件の犯人

この事件の犯人は、「静原美冬」です。静原は、七宮と同じ目薬を持っていました。そこで、七宮と自分のゾンビウイルスを混ぜ込んだ目薬を好感して七宮を殺し、計画を成し遂げたのです。

評価

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です